天気予報とFXテクニカル分析の共通点

天気予報って良くご覧になりますか?

テレビではニュースの終わりに
毎回のように天気予報が報じられていますので、
仕事や生活に役立つ情報となっているはずです。

そこで天気予報はどうやって作っているかというと、
低気圧や高気圧の分布状態や気象レーザーによる
雨雲の動きを見ながら気象庁が予測を立ているのです。

同じ予測でも天気予報にあたるものが、
為替レートの動きを読んでいく
FXトレードのテクニカル分析です。

私たちは天気予報で夕方雨が降ると
報じられると傘を持って出かけます。

次にFXではテクニカル分析が天気予報と同じ働きをしてくれて、
今後為替がどう動くかの判断を助けてくれます。

だからテクニカル分析を頼りにしないトレードとは、
天気予報を見ないで出かえるのと同じなのです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

為替レートの急上昇は急降下の前触れ

経済学から見るとFXは
ゼロサムゲームって知ってますよね。

儲かる人がいれば、
その反対に損をする人がいる
から成り立っているのです。

為替レートは多くの場合
ファンダメンタルな要因で動いていきます。

その国のトップが、
新しい経済政策を発表すると同時に
大きく上がってしまうことは良くあることなのです。

何故かってFXトレーダーのアンテナは
ファンダメンタルな要因に耐えず向いていて、
何かあると敏感すぎるほどの反応をしてしまう傾向にあるのです。

そうなってくると相場が加熱状態になるのは
お分かりになりますよね。

さらに加熱した相場が次にどう変わっていくかですが、
誰もが利益を自分のものにしなければなりませんから、

決裁を急ぐことになって、
そんなに大きくはないファンダメンタルな要因でも
売りに走ってしまって、急降下なんてことになりかねないのです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

リセッション時の取引

リーマンショック時の様なリセッション(景気後退期)の取引では、
外国通貨を売って安全通貨である円を買えば良いのです。

現在は景気向上期なので
円を売って外国通貨を買えば
たいていは勝てる取引になるのですが、

リセッション時の取引はショートポジションが優勢になり、
円が急騰して外国通貨が急落するという相場展開になりやすいですので、
ショートポジションを持っているだけで
大きな利益を得やすいという特徴があります。

景気判断のニュースで
リセッションという言葉が使われるようになり
でしたらすぐにショートポジションで勝負をしていきましょう。

景気後退期ということは、
負のスパイラルにも陥りやすいです。

世界同時株安、円高の2つの動きが
同時に起きることになりますので、
リセッション入りした際は、
どこで終わるのかというのが見極めるのが難しくなります

。経済指標が好転しているというのが連発する様になれば、
リセッションの終了時期かもしれないですね。

Posted in 未分類 | Leave a comment