為替レートの急上昇は急降下の前触れ

経済学から見るとFXは
ゼロサムゲームって知ってますよね。

儲かる人がいれば、
その反対に損をする人がいる
から成り立っているのです。

為替レートは多くの場合
ファンダメンタルな要因で動いていきます。

その国のトップが、
新しい経済政策を発表すると同時に
大きく上がってしまうことは良くあることなのです。

何故かってFXトレーダーのアンテナは
ファンダメンタルな要因に耐えず向いていて、
何かあると敏感すぎるほどの反応をしてしまう傾向にあるのです。

そうなってくると相場が加熱状態になるのは
お分かりになりますよね。

さらに加熱した相場が次にどう変わっていくかですが、
誰もが利益を自分のものにしなければなりませんから、

決裁を急ぐことになって、
そんなに大きくはないファンダメンタルな要因でも
売りに走ってしまって、急降下なんてことになりかねないのです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

リセッション時の取引

リーマンショック時の様なリセッション(景気後退期)の取引では、
外国通貨を売って安全通貨である円を買えば良いのです。

現在は景気向上期なので
円を売って外国通貨を買えば
たいていは勝てる取引になるのですが、

リセッション時の取引はショートポジションが優勢になり、
円が急騰して外国通貨が急落するという相場展開になりやすいですので、
ショートポジションを持っているだけで
大きな利益を得やすいという特徴があります。

景気判断のニュースで
リセッションという言葉が使われるようになり
でしたらすぐにショートポジションで勝負をしていきましょう。

景気後退期ということは、
負のスパイラルにも陥りやすいです。

世界同時株安、円高の2つの動きが
同時に起きることになりますので、
リセッション入りした際は、
どこで終わるのかというのが見極めるのが難しくなります

。経済指標が好転しているというのが連発する様になれば、
リセッションの終了時期かもしれないですね。

Posted in 未分類 | Leave a comment

FXでよく使われる用語

FXでよく使われる用語を覚えておくと
FX取引にすごく役に立つことになります。

FXで取引をしていると
知らない単語ばかりで
取引に困ったということがあるかもしれません。

そんな時にはFX用語辞典なるサイトを調べてみても良いですが、
出来るだけ知らない単語をなくすという努力も必要になってきます。

FXでよく出てくる単語を覚えておけば、
いざFXで取引をしている時に
単語が理解できていますので
FXに必要な情報がすぐに判断できることになります。

FXでよく使われているテクニカル指標の名前や
経済指標の名前、取引に関わる取引方法の名前、
経済に関わる重要人物の名前など
FXに関係してくる単語はできるだけ覚えておくようにしましょう。

FXでは知らない単語を出来るだけ
少なくする努力をしていきましょう。

情報を多く正確に仕入れることができた人が
FXでの勝率が高くなるでしょう。

知っているという単語も、
知っているだけではなく
FXで使えるように理解を深めておきましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment